ハロウィンかぼちゃ




ハロウィンくりぬきかぼちゃをつくってみよう
ハロウィンは日本でいう「お盆」のような行事で、10月31日に行われます。
最近、ちょっとおしゃれな秋の行事として日本でも広まってきました。
学校、地域のイベントや商店街のディスプレイ。そしてご家庭で。
ハロウィンくりぬきかぼちゃをつくって、秋の夜長を楽しもう!!


【用意するもの】
写真のような「引き廻しノコ」と「おたま」を用意します。
引き廻しノコはナイフを使うよりも危険がありません。
おたまはかぼちゃの中のワタを取り出すのに使用します。

【かぼちゃは・・・】
かぼちゃの種類は「ハロウィン」という名前のかぼちゃが最適です。
大サイズで「すいか」ほど。小サイズで「バレーボール」くらい。
ハロウィンかぼちゃは、数年前に札幌の東急ハンズで見かけたことがあります。
八百屋さんやお近くの市場に問い合わせてみるのもいいでしょう。
【上部をくりぬきます】
まず始めに上部をくりぬきます。
注意することは内側に斜めにくり抜くことです。
上からかぶせる「ふた」になりますので上からかぶせても中に落ちないようにしましょう。


【かぼちゃの中はタネだらけです】
ハロウィンかぼちゃの中では「タネ」と「ワタ」というフワフワした状態のものがたくさんあります。
それはまさしく、新しい命の「タネ」をやさしく包むおかあさんのような役割でしょうか。


【次にすることは】
ふたの部分についているワタをのこぎりで切り落とします。
そして、「おたま」を使ってかぼちゃの中のワタとタネを取り出します。
かぼちゃの底のワタを取り除くには、おたまの柄(え)がじゃまになります。
柄を切ってもかまわない古いおたまを使うか、かぼちゃが小さい場合など、「れんげ」を使うとワタを取り除きやすいです。
【きれいに取れました】
ハロウィンかぼちゃの実の厚さは2センチから3センチあります。
写真のかぼちゃは3センチほどあります。
ワタを取り出すときに、内側の実も少し削るくらいに取り除きましょう。
そのほうがくさりはじめるのが遅くなると思います。

【いよいよくりぬきです】
さあいよいよかぼちゃのくりぬきです。
図柄を考えて、デザインが決まったらかぼちゃにマジックで下書きをしましょう。
下書きをするマジックはなるべく細字を使いましょう。
くり抜いた後でマジックのあとが残っているときはアルコールなどでやさしくふき取ってください。
【やったー!!完成です】
中にローソクを立てて完成です。
今日はミスターパンプキンと一緒に記念写真をとりました。
夜になってローソクに火をともせば、目、鼻、口からやさしい光が浮かび上がり、ハロウィンの世界がそこに広がります。
みんなで、ハロウィンパーティーをお楽しみ下さい。